毎日グローバルトピックス

官公庁(国・地方公共団体)関連

内閣府―平成26年度日本・中国青年親善交流事業の日本代表青年を募集

公開日:2014.7.25

内閣府は毎年、日本と世界各国の青年の交流を通じて、相互理解と友好を深め、広い国際的視野と国際協調の精神を養う機会を提供し、これによって、国際化の進む社会の様々な分野で活躍できる青年の育成を目指す様々な「青年国際交流事業」を展開していますが、平成26年度の「青年国際交流事業」としては、日本・中国青年親善交流事業、国際青年育成交流事業、日本・韓国青年親善交流事業、東南アジア青年の船事業、グローバルユースリーダー育成事業「シップ・フォー・ワールド・ユース・リーダーズ」、青年社会活動コアリーダー育成プログラム、以上の6事業を掲げています。この内、日中平和友好条約の締結を記念し、日本と中国両国政府の共同事業として昭和54年度から開始された日本・中国青年親善交流事業に於ける日本代表青年を、平成26年8月11日(月)必着の形で目下、募集中である旨、内閣府のHP上で公表しました。日本青年と中国青年の交流を通じて青年相互の友好と理解を促進し、青年の国際的視野を広げ、国際協調の精神のかん養と国際協力の実践力を向上させることにより、国際社会で指導性を発揮できる青年を育成するとともに、青年による事業終了後の青少年健全育成活動等への寄与を目的として、日本・中国両国政府が共同して実施しており、平成26年度(第36回)事業では、10月に30人の日本青年等を中国に派遣し、11月に30人の中国青年等を日本に招聘する運びとなっています。

日本代表青年の資格要件としては、日本国籍を有すること、年齢は18歳~30歳(昭和58年4月2日~平成8年4月1日生まれ)、帰国後も事後活動組織に入会し、国際交流活動、青少年活動等の社会活動を活発に行うことができる者、語学力は特になし(但し、中国語で簡単な日常会話ができることが望ましい)、等が掲げられています。

◇関連リンク◇
平成26年度日本・中国青年親善交流事業(内閣府)

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

個人向けビジネス留学はこちら

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn