毎日グローバルトピックス

学校(教育・研究機関)関連

慶大・経済学部が新プログラム「PEARL」を創設~100名が4年間英語で経済学を学ぶ~

公開日:2014.4.15

2014年4月15日、慶應義塾大学経済学部は、4 年間一貫して英語で経済学を学ぶ新しいプログラム「Programme in Economics for Alliances, Research and Leadership(PEARL)」の創設を決定したと発表しました。しっかりとした経済学の知識を基礎に世界を舞台に活躍する、先導者の輩出を目的とし、2016年9月に開始する予定です。

同学部定員1200人のうち約100人を選考枠とし、国内外に広く志願者を募ることで、「世界で活躍できるリーダーを育てたい」という狙いがあります。15年秋から16年春にかけて複数回、出願を受け付け、学部独自の筆記試験は行わず、国際的な大学入学資格「国際バカロレア(IB)」や米国の大学進学適性試験「SAT」などの成績で学力を判定。TOEFLなど英語力テストの成績提出も求めるとしています。

慶大では、英語で行われる授業だけを履修して学士号が取得できるプログラムとして、2011 年秋から環境情報学部のGlobal Information and Communication Technology and Governance Academic (GIGA) Program を開設しており、今回の経済学部のPEARL は、2 つ目のプログラムとなります。

◇関連リンク◇
慶應義塾大学経済学部が新プログラム「PEARL」を創設 (慶應義塾大学)※PDFファイル

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

留学市場の概況一覧

  • 留学体験者様の声
  • 留学を支えた人事ご担当者様の声
  • 導入事例

海外研修に向けて

  • 現地派遣の重要性
  • 毎日グローバルトピックス
  • 導入から実施まで
side_inq2


リフレッシュ休暇留学のご案内



海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn