毎日グローバルトピックス

学校(教育・研究機関)関連官公庁(国・地方公共団体)関連

文科省-平成26年度スーパーサイエンスハイスクール指定校を内定

公開日:2014.4.02

2014年3月28日、文部科学省は、将来の国際的な科学技術人材を育成することを目指し、理数系教育に重点を置いた研究開発を行う「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」事業を平成14年度から実施しておりますが、平成26年度の新規指定及び科学技術人材育成重点枠の採択に関する審査を行った結果、東京学芸大学附属国際中等教育学校や東京都立戸山高等学校など、9校をSSH指定校として内定し、同省のHP上で公表しました。

内訳は、研究仮説を一から設定し、新規性のあるカリキュラム等の研究開発を行う「開発型」が4校(国立1校、公立2校、私立1校)、過去にも指定を受けている学校が、これまでのカリキュラム開発を基礎として、より実践的な研究開発を行う「実践型」が5校(公立4校、私立1校)となっています。既存の指定校を含め、平成26年度のSSHの学校数は計204校(平成25年度:計201校)となる予定です。今回、全国41校(国立2校、公立28校、私立11校)から実施希望調書の提出があり、各学校から提出された実施希望調書について、外部有識者である企画評価会議協力者が審査を行い、その結果をもとに9校を内定したものです。指定期間は26年度から30年度までの5年となっています。

また、地域の中核拠点形成など、科学技術人材育成に係る重点的な取組を、SSH本体と一体的な事業として推進するため「科学技術人材育成重点枠」を設け、SSH指定校に対して追加の支援を行う事業に対しては、20校(国立3校、公立14校、私立3校)から実施希望調書の提出があり、各学校から提出された実施希望調書について、外部有識者である企画評価会議協力者が審査を行った結果、千葉県立船橋高等学など4校(公立4校)が採択されました。

◇関連リンク◇
平成26年度スーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校の内定等(文部科学省)
スーパーサイエンスハイスクールについて※PDFファイル

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

留学市場の概況一覧

  • 留学体験者様の声
  • 留学を支えた人事ご担当者様の声
  • 導入事例

海外研修に向けて

  • 現地派遣の重要性
  • 毎日グローバルトピックス
  • 導入から実施まで
side_inq2


リフレッシュ休暇留学のご案内



海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn