毎日グローバルトピックス

官公庁(国・地方公共団体)関連

新たな海外留学支援制度の創設について―文科省が公表

公開日:2014.2.14

文部科学省は、2014年2月10日付の同省HP上で、文科省及び日本学生支援機構が企業等と連携して、新たな海外留学支援制度を創設し、海外留学を目指す学生を募集するに当たり、平成26年2月3日付で各大学への事前説明会を開催した旨、公表しました。募集・選考スケジュールは、2月末頃に募集を開始し、4月上旬頃に募集締切り、4月中旬頃~5月に書類選考、6月頃に面接選考を行い、6月末頃に採用決定予定、採用予定人数は300人で、応募は各大学を通じて行うことになっています。

文科省では、現在「トビタテ!留学JAPAN」と称する留学促進キャンペーンを展開中で、少子化、社会のグローバル化が進展する中で、グローバル人材の育成は国力の増進を図る上で必要不可欠であり、特に、これから世界で活躍するために求められる主体性や実行力、チャレンジ精神といったグローバル人材としての素養を培うには、アウェイ体験が伴う海外留学が最も有効であること。一方で、日本人の海外留学は減少しており、今まさにこれを食い止め、増加させる手立てを講じていく必要があると、グローバル人材の育成と海外留学促進の必要性を訴えています。

今回の「新たな海外留学支援制度」は、企業ニーズを踏まえた、留学に集中的に支援する制度として、民間の資金を活用し、2020年までの7か年で10,000名程度の留学生の創出を目指すとしています。これに対して「国費による海外留学支援制度」は、国全体で必要となるグローバル人材の育成を支援する制度で、奨学金として平成26年度予定額において88億円(平成25年度予算54億円)を計上しています。今回の募集要項は次の通り。

○募集対象:
大学(短期大学含む)の正規課程に在籍する大学院学生および学部学生
高等専門学校(専攻科含む)の正規課程に在籍する学生(第2年次以下の学生を除く)
専修学校(専門課程)の正規課程に在籍する学生

○支援内容:
奨学金月額12~20万円を給付(※留学先地域により異なる)
渡航費10~20万円(※同上)
学費等上限額(30万円程度)の範囲で支給(※学費等:留学先大学の授業料、ボランティア活動等に参加するためのプログラム参加費、等)
研修参加費事前・事後研修参加のための交通費の一部を支給

○採用人数:300人(予定)

○留学期間:事前研修受講後(平成26年8月を目途)から平成27年3月31日までの間に留学が開始されるもので、留学期間が原則1ヶ月~1年以内(3ヶ月以上推奨)のもの。

◇関連リンク◇
新たな海外留学支援制度事前説明会※PDFファイル

 

 

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

留学市場の概況一覧

  • 留学体験者様の声
  • 留学を支えた人事ご担当者様の声
  • 導入事例

海外研修に向けて

  • 現地派遣の重要性
  • 毎日グローバルトピックス
  • 導入から実施まで
  • メールマガジンの登録
side_inq


リフレッシュ休暇留学のご案内



海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn