毎日グローバルトピックス

学校(教育・研究機関)関連

英語スーパー高校指定 国際人育成、5年で100校 教育再生会議

公開日:2013.5.28

2013年5月27日配信の産経新聞によりますと、政府の「教育再生実行会議」(座長・鎌田薫早稲田大総長)がまとめた「大学教育などのあり方」に関する提言の最終案が26日、判明しました。外国語教育に熱心な高校を「スーパー・グローバル・ハイスクール」(仮称)に指定し、支援を強化する一方、世界で活躍できる人材の輩出を目指して「今後10年で世界大学トップ100に10校以上」との目標も定めており、28日に安倍晋三首相に提出する運びとなっています。

提言案は「徹底した国際化を断行し、世界に伍して競う大学の教育環境をつくる」と明記しており、海外の大学と渡り合える教育内容や学生のレベルアップを図る必要性を指摘、小学校での英語教科化などを提案しています。

その一環となる「スーパー・グローバル・ハイスクール」は、平成14~21年度に文部科学省が実施した「スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール」(セルハイ)事業の実績を基に、学校側が「国際的素養の育成」(提言案)に努めることを国が支援するというもので、5年間で約100校の指定を目指しています。

具体的には(1)英語教育を重視したカリキュラムを実施している(2)英語を母国語とする教員を採用している(3)海外留学に実績がある-などの学校を指定し、政府が財政的に支援することが検討される見通しです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130527-00000074-san-pol

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

留学市場の概況一覧

  • 留学体験者様の声
  • 留学を支えた人事ご担当者様の声
  • 導入事例

海外研修に向けて

  • 現地派遣の重要性
  • 毎日グローバルトピックス
  • 導入から実施まで
side_inq2


リフレッシュ休暇留学のご案内



海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn