毎日グローバルトピックス

学校(教育・研究機関)関連官公庁(国・地方公共団体)関連

JASSO―2021年度「海外留学支援制度(協定派遣)」の募集を公表

公開日:2020.9.04

2020年9月1日、独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)は専用サイト上で、2021年度の「海外留学支援制度(協定派遣)」の募集を公表しました。

同支援制度の双方向協定型の学生交流創成タイプ(タイプA)の募集については、2020年度をもって終了予定となっていましたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、大学等間の留学生交流に大きな影響が出ている状況を踏まえ、再度、大学等間の留学生交流を促進するため、2021年度予算の成立を前提に、当面の間継続する運びとなったものです。

同支援制度は、我が国の大学、大学院、短期大学、高等専門学校又は専修学校が、諸外国の高等教育機関等と学生交流に関する協定等を締結し、それに基づき、諸外国の高等教育機関等へ短期間派遣される学生に対して、留学に係る費用の一部を奨学金及び渡航支援金として支援することにより、グローバル社会において活躍できる人材を育成するとともに、我が国の高等教育機関の国際化・国際競争力強化に資することを目的としています。

今回の募集概要は次の通り。

○申請期間:2020年10月1日から16日まで

○支援予定人数:未定(参考:2020年度予算20,000名)

○支援対象となる派遣プログラム

(1)派遣プログラムの実施期間

・2021年4月1日から2022年3月31日までの間に開始され、かつ諸外国において連続して8日以上実施するもの。

・8日以上30日以内の学生交流創成タイプ(タイプA)の派遣プログラムの募集は、2020年度で終了し、2021年度からは、連続して31日以上実施するプログラムのみ支援対象となります。

・8日以上30日以内の派遣プログラムは、学生交流推進タイプ(タイプB)で申請する場合のみ支援対象となります。

(2)派遣プログラムの形態区分

①双方向協定型

・授業料不徴収・授業料免除の内容を含む学生交流協定に基づいて実施するもの

・1学期(セメスター、クォーター等)以上1年以内の間、協定相手の高等教育機関へ学生を派遣し、かつ協定相手の高等教育機関から学生を受け入れるもの

②短期研修・研究型

・派遣先大学等との学生交流協定や合意文書等に基づいて実施するもの

・タイプAのプログラムは31日以上1年以内の間、タイプBのプログラムは8日以上1年以内の間、協定相手の派遣先大学等に学生を派遣するもの

(3)語学水準

・英語の場合は、「TOEIC400点以上、TOEFL・PBT435点以上、TOEFL・iBT41点以上、IELTS(Academic Module)5.0以上」、もしくは、「在籍大学等における前年度の語学成績で成績評価係数2.30以上」の学生を対象としたプログラムを優先。

(4)支援内容(2021年度予算の成立状況により変更となる場合もある)

①奨学金月額

・指定都市 10万円 ・甲地区 8万円 ・乙地区 7万円 ・丙地区 6万円

②渡航支援金 16万円(一定の家計基準を満たす者に限る)

奨学金の支給は在籍大学等を通じて行われます。留学開始月から1月分ごとに割り当てた支給対象となる月に、派遣学生の在籍大学等での在籍及び派遣プログラムへの参加を確認した上で、奨学金が支給されます。

◇関連リンク◇

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

留学市場の概況一覧

  • 留学体験者様の声
  • 留学を支えた人事ご担当者様の声
  • 導入事例

海外研修に向けて

  • 現地派遣の重要性
  • 毎日グローバルトピックス
  • 導入から実施まで
side_inq2


リフレッシュ休暇留学のご案内



海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn