毎日グローバルトピックス

学校(教育・研究機関)関連

中国教育省―「中外言語交流協力センター」設立を発表

公開日:2020.7.09

2020年7月5日、中国北京の孔子学院本部は専用サイト上で、中国教育省が「中外言語交流協力センター」を設立すると発表しました。同サイトによりますと、中国政府が世界各国で展開する中国語教育機関「孔子学院」について、中国教育省が本部の名称を「孔子学院総部」から「中外言語交流協力センター」に変更するというものです。

孔子学院とは、中国が海外の大学などの教育機関と提携し、中国語や中国文化の教育及び宣伝、中国との友好関係醸成を目的に設立された中国政府の機関で、孔子の名を冠していますが、儒学教育機関ではなく、中国語語学教育機関です。中国政府が設立費用を支援し、教師なども派遣する仕組みとなっています。

孔子学院プログラムは2004年に始まり、世界約160カ国の540カ所で展開されており、日本国内では15カ所で孔子学院が運営されていますが、現時点では各国で展開される孔子学院の名前も変わるかどうかは不明です。

孔子学院については、世界各国の大学に併設され中国語教育を推進する一方で、中国共産党の影響力を拡大するための機関との疑念も持たれ始めており、ここ数年、米議会では運営の不透明性などが指摘され、「漢弁(英語名・HANBAN)」が北京から各国の孔子学院の監視・監督を行っているとして批判の的となっていました。このため、米国内では閉鎖する大学が増えつつあり、名称変更でイメージの一新を狙った可能性もあると指摘されています。

◇関連リンク◇

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

留学市場の概況一覧

  • 留学体験者様の声
  • 留学を支えた人事ご担当者様の声
  • 導入事例

海外研修に向けて

  • 現地派遣の重要性
  • 毎日グローバルトピックス
  • 導入から実施まで
  • メールマガジンの登録
side_inq


リフレッシュ休暇留学のご案内



海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn