毎日グローバルトピックス

官公庁(国・地方公共団体)関連

JASSO―「中国滞在中の派遣留学生に係る安全管理・安否確認及び手続について(通知・依頼)」を公表

公開日:2020.1.30

2020年1月29日、独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)は専用サイト上で、日本の大学等事務担当者宛に「中国滞在中の派遣留学生に係る安全管理・安否確認及び手続について(通知・依頼)」を公表しました。

現在、湖北省全域で急増している新型コロナウイルス感染症のため、1月24日付けで湖北省武漢市の危険レベルが「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」に引き上げられたことを受け、JASSOから各大学宛に「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~」で派遣された日本人留学生の安全管理体制の強化に努め、状況・安否確認をするよう要請したものです。

同制度の「留学計画の要件」には、「外務省の“領事サービスセンター(海外安全相談班)”の情報提供サービス等における“海外安全ホームページ”上“レベル2:不要不急の渡航は止めてください。”以上に該当する地域ではない計画」(『募集要項』)と記載されており、同制度では外務省海外安全ホームページ「海外安全情報」に応じて留学の実施の可否を判断するよう記載されています。一方で、事態は刻々と変化しており、今後「危険レベル」が引き上げられる可能性が考えられるとも述べています。こうした状況を受け、今回、特に湖北省、安徽省等の周辺地域に滞在中の学生に対して十分な安全対策を速やかに講じるよう依頼しています。

大学等事務担当者に対し、中国に渡航中または渡航予定の学生に対して、注意喚起を行い、現地での安全対策や危険を避けるため自ら積極的に情報収集を行うこと等について指導するとともに、情報伝達ルートを確立し、メールやSNSを通じて学生との連絡を密に行い、不測の事態に備えるように依頼しています。

また、留学先機関の所在地に中国が含まれている留学計画の変更等の事務手続に当たっては、安全確保のための積極的な行動(緊急帰国等)の妨げとならないよう、事後の計画変更申請の承諾、手続の迅速化、留学計画の実現が困難な場合における計画変更の再審査(留学計画の中断)等に十分に配慮するとしています。

◇関連リンク◇
中国滞在中の派遣留学生に係る安全管理・安否確認及び手続について(通知・依頼)(独立行政法人日本学生支援機構)

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

留学市場の概況一覧

  • 留学体験者様の声
  • 留学を支えた人事ご担当者様の声
  • 導入事例

海外研修に向けて

  • 現地派遣の重要性
  • 毎日グローバルトピックス
  • 導入から実施まで
  • メールマガジンの登録
side_inq


リフレッシュ休暇留学のご案内



海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn