毎日グローバルトピックス

学校(教育・研究機関)関連

EF―「英語能力指数2019年版」国別ランキングを発表

公開日:2019.11.14

2019年11月11日、スイスに本部のある国際語学教育機関イー・エフ・エデュケーション・ファースト(EF)の日本法人は、英語能力のベンチマーク「EF EPI英語能力指数(EF English Proficiency Index) 2019年版」を発表しました。

同指数は、EFが無料で提供しているオンライン英語能力測定テスト「EF SET」の前年度受験データを基に、非英語圏の国と地域における英語能力を経年的に計測・追跡するための世界規模ベンチマークとして2011年から毎年発表しているものです。英語能力指数の世界ランキングとともに、指数分布をもとに全参加国の英語レベルを「非常に高い」から「非常に低い」まで5段階に分類しており、2019年版は世界100カ国・地域の230万人の英語能力を測定し、数値化されています。

今回の世界ランキングでは、オランダが1位に返り咲き、2位はスウェーデン、3位はノルウェー、4位はデンマーク、5位はシンガポールと続きました。5段階の能力レベル最高位である「非常に高い英語能力」に位置付けられた国は、前年より2カ国増えて過去最高の14カ国となり、世界全体の英語能力が上昇傾向にあることが明らかになりました。

一方、日本の能力レベルは、ロシアやベトナム、イランなどと同じ分類の5段階の下から2番目の「低い英語能力」に位置づけられ、順位は100カ国中53位(前年49位)となり、9年連続で順位を下げました。アジアの中ではシンガポールやフィリピンだけでなく、韓国(37位)、台湾(38位)、中国(40位)などにも後れを取った形となっています。EFでは参加国・地域の拡大にと伴う順位下落と、受験者拡大によるスコア下降が影響したものと分析しています。

◇関連リンク◇
世界最大の英語能力指数ランキング(EF)
EF EPI 英語能力指数 世界100か国・地域の英語力ランキング(EF)※PDFファイル

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

留学市場の概況一覧

  • 留学体験者様の声
  • 留学を支えた人事ご担当者様の声
  • 導入事例

海外研修に向けて

  • 現地派遣の重要性
  • 毎日グローバルトピックス
  • 導入から実施まで
side_inq2


リフレッシュ休暇留学のご案内



海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn