毎日グローバルトピックス

学校(教育・研究機関)関連官公庁(国・地方公共団体)関連

文科省―英語民間試験の見送り決定、2024年度より導入する旨、発表

公開日:2019.11.14

2019年11月1日、萩生田文部科学大臣は2020年度から英語民間試験を活用して大学入試で英語4技能の評価を支援する「大学入試英語成績提供システム」の導入を見送る旨、大臣メッセージを発表しました。新たな英語試験は2024年度から導入予定としています。

従来の大学入試センター試験に代わり、2021年1月に実施される大学入学共通テストでは、英語4技能「読む・聞く・話す・書く」を測定するため、英語民間試験が導入される予定でした。「大学入試英語成績提供システム」をめぐっては、試験の実施状況や大学の活用状況が十分に明らかになっていないことから混乱や反発が生じており、9月には全国高等学校長協会が延期と制度見直しを求める要望書、日本私立中学高等学校連合会がシステムの円滑な実施を求める要望書を提出。全国大学高専教職員組合も延期と再検討を求める緊急声明を発表していました。

文科省では、英語教育充実のために導入を予定してきた英語民間試験を、経済的な状況や居住している地域に関わらず、等しく安心して受けられるようにするためには、更なる時間が必要だと判断し、今回は導入を見送ることにしたと述べています。大学入試における新たな英語試験については、新学習指導要領が適用される2024年度から導入することとし、今後1年を目途に検討し、結論を出すとしています。

◇関連リンク◇
大臣メッセージ(英語民間試験について)(文部科学省)※PDFファイル

一方、国立大学協会の永田恭介会長(筑波大学長)は2019年11月1日、「英語民間試験活用のための『大学入試英語成績提供システム』導入の見送りについて」と題する会長コメントを発表しました。

コメントでは、「受験生の経済的な公平性の担保について直接文部科学省に働きかけ、文部科学省も改善に向けて活動していたと承知しており、今回の発表については、残念であるとともに驚きをもって受け止めている」と述べています。各国立大学では活用に向けて準備を進めてきたが、導入見送りですでに公表している2年前予告の見直しをしなくてはならず、迅速な対応をしなくてはならないとしています。

国立大学協会は、高等学校の学習指導要領に沿った英語4技能について、入学者選抜試験で適切に評価することは重要であるとの認識は変わらないとしており、文科省に対して「今回の措置により受験生や大学、高等学校等の関係者が混乱することないよう、十分な説明と対応を強くお願いするところです」と述べています。

◇関連リンク◇
英語民間試験活用のための「大学入試英語成績提供システム」導入の見送りについて(一般社団法人国立大学協会)※PDFファイル

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

留学市場の概況一覧

  • 留学体験者様の声
  • 留学を支えた人事ご担当者様の声
  • 導入事例

海外研修に向けて

  • 現地派遣の重要性
  • 毎日グローバルトピックス
  • 導入から実施まで
side_inq2


リフレッシュ休暇留学のご案内



海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn