毎日グローバルトピックス

学校(教育・研究機関)関連

英世界大学評価機関QS―「世界大学就職ランキング2020」を発表

公開日:2019.10.15

2019年10月7日、教育・進学サイト「リセマム」HPの最新情報によりますと、世界大学評価機関の英国クアクアレリ・シモンズ(Quacquarelli Symonds、以下QS)は、世界大学就職ランキング「Graduate Employability Rankings 2020」のトップ500を発表しました。1位はマサチューセッツ工科大学、2位はスタンフォード大学、3位はカリフォルニア大学ロサンゼルス校で、トップ3の顔ぶれは昨年と同じとなっています。

日本のトップは東京大学の23位、2位は早稲田大学の34位、3位は慶應義塾大学の50位で、こちらも昨年と同じ顔ぶれとなっています。アジアでトップは清華大学の6位、2位は北京大学の19位、3位はシンガポール国立大学の24位となっています。

QS世界大学就職ランキング2020は、雇用者の評価、主要企業との共同研究実績、企業などの学内採用活動、卒業生の就職率など5つの評価項目を使用し、独自のデータで分析しています。

「世界大学就職ランキング2020」ベスト10は次の通り。

1位 マサチューセッツ工科大学      2位 スタンフォード大学
3位 カリフォルニア大学ロサンゼルス校  4位 シドニー大学
5位 ハーバード大学           6位 清華大学
7位 メルボルン大学           8位 ケンブリッジ大学
9位 香港大学              10位 オックスフォード大学

国内のトップ10は次の通り。( )内は総合順位
1位 東京大学(23位)          2位 早稲田大学(34位)
3位 慶應義塾大学(50位)        4位 京都大学(53位)
5位 東京工業大学(65位)        6位 大阪大学(73位)
7位 名古屋大学(98位)         8位 北海道大学(121-130位)
9位 九州大学(131-140位)       10位 東京理科大学(141-150位)

◇関連リンク◇
QS世界大学就職ランキング2020…国内2位は早大、1位は?(リセマム)
Graduate Employability Rankings 2020(Quacquarelli Symonds)

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn