毎日グローバルトピックス

学校(教育・研究機関)関連

大学入試センター―令和2年度大学入試センター試験利用大学情報を公開

公開日:2019.9.13

2019年9月6日、大学入試センターは、2020年度(令和2年度)大学入試センター試験利用大学の情報を公開しました。3月31日時点の情報によりますと、2020年度は2019年度の利用数より4大学増の856の大学・短期大学がセンター試験を利用する予定となっています。

2020年度の大学入試センター試験利用大学・短期大学予定数856の内訳は、国立大学82校、公立大学91校、私立大学532校、公立短期大学13校、私立短期大学138校となっています。2019年度の確定利用数852より、4大学増えています。2020年度の大学入試センター試験利用大学を一覧で掲載されているとともに、所在地や国公私立別の検索が可能で、各大学の入学者選抜要項や入試情報も紹介されています。

センター試験利用大学情報(大学入試センター)

別途、大学入試センターは同日、大学入試英語成績提供システムの運営に関して日本英語検定協会(英検協会)と協定書を締結したと発表しました。これで成績提供対象の資格・検定試験を実施する6団体のうち、協定書を結んだのは4団体となりました。

大学入試英語成績提供システムの成績提供の対象となる資格・検定試験は、6団体22試験で、同センターでは8月30日、6団体のうちケンブリッジ英語検定の実施主体であるケンブリッジ大学英語検定機構、IELTS実施主体であるIDP:IELTS Australia、GTECの実施主体であるベネッセコーポレーションの3団体と大学入試英語成績提供システムの運営に関する協定書を締結した旨、発表していました。今回、新たに英検協会と9月5日までに協定書を締結したことを明らかにしたものです。英検協会では、TEAP、TEAP CBT、英検1~3級の7試験の実施を予定しています。

◇関連リンク◇
大学入試英語成績提供システムの運営に関する協定書の締結状況(大学入試センター)※PDFファイル

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn