毎日グローバルトピックス

官公庁(国・地方公共団体)関連

文科省―平成29年度「高等学校等における国際交流等の状況」を公表

公開日:2019.8.29

2019年8月27日、文部科学省は同省HP上で、平成29年度の「高等学校等における国際交流等の状況」について公表しました。文科省では、高校生の海外留学生数の状況等を把握するため、高等学校等における国際交流等の状況について、昭和61 年度から隔年で調査を行っており、今回で16 回目となります。

調査の結果、政府目標である「第3期教育振興基本計画」における数値目標(令和4年度に日本人高校生の海外留学生6万人)の数値となる、高校生の留学生数は4.7万人となり、前回調査時(平成27年度)の3.6万人から1.1万人増加し過去最高となりました。このうち、研修旅行(3か月未満)が前回調査時の3.2万人から1.1万人増加し4.3万人となっており、比較的短期の国際交流の増加が留学生数全体の増加につながっている結果となっています。それ以外の高校生等の派遣及び受入れ人数に係る調査項目についても概ね増加傾向であり、上位の行先や出身の国の傾向に変化は見られませんでした。

「派遣について」は、以下の通り。

1)高校生の外国への研修旅行(3 か月未満)
・42,793 人(11,148 人増)[前回調査:31,645 人]
・行先多い順にオーストラリア、アメリカ、カナダ、イギリス、ニュージーランド

2)高校生の留学(3 か月以上)
・4,076 人(横ばい)[前回調査:4,197 人]
・行先多い順にアメリカ、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア

3)高校生の外国への修学旅行
・179,910 人(14,981 人増)[前回調査:164,929 人]
・行先多い順に台湾、アメリカ、シンガポール、オーストラリア、マレーシア

「受入れについて」は、以下の通り。

4)高等学校等における外国からの研修旅行生(3 か月未満)の受入れ
・3,448 人(738 人減)[前回調査:4,186 人
・出身国多い順にオーストラリア、アメリカ、韓国、台湾、中国

5)高等学校等における外国人留学生(3 か月以上)の受入れ
・2,621 人(474 人増)[前回調査:2,147 人]
・出身国多い順に中国、タイ、アメリカ、韓国、ドイツ

6 高等学校等における学校訪問を伴う外国からの教育旅行の受入れ
・39,531 人(6,730 人増)[前回調査:32,801 人]
・出身国多い順に台湾、韓国、中国、アメリカ、オーストラリア

◇関連リンク◇
平成 29 年度 高等学校等における国際交流等の状況について(文部科学省)※PDFファイル

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn