毎日グローバルトピックス

官公庁(国・地方公共団体)関連

文科省―令和元年度「大学の世界展開力強化事業~日-EU戦略的高等教育連携支援~」の選定事業決定について公表

公開日:2019.8.02

2019年7月31日、文部科学省は同省HP上で、令和元年度の「大学の世界展開力強化事業~日-EU戦略的高等教育連携支援~」の選定事業を決定した旨、公表しました。

平成31年2月4日に各国公私立大学長宛てに公募の通知が行われ、4月1日の公募締め切りまでに10件の申請があり、日本学術振興会に設置された大学の世界展開力強化事業プログラム委員会における審査の結果、次の3件の選定事業が決定しました。

〇東京外国語大学
「歴史と公共圏を鍵概念として日欧相互理解を深める国際人材育成プログラム」

〇豊橋技術科学大学<連携大学:宇都宮大学、千葉大学>
「近未来クロスリアリティ技術を牽引する光イメージング情報国際修士プログラム」

〇慶応義塾大学
「Japan-EU高度ロボティクスマスタプログラム(JEMARO)」

文科省では、国際的に活躍できるグローバル人材の育成と大学教育のグローバル展開力を強化するため、高等教育の質の保証を図りながら、日本人学生の海外留学と外国人学生の受入れを行う国際教育連携の取組を支援することを目的に、2011年度(平成23年度)から「大学の世界展開力強化事業」を実施しており、2019年度(令和元年度)は、EU等の大学との間で、質の保証を伴ったプログラムを実施する事業を支援することになっています。

今回の対象プログラムは、日本の最低1つの大学と、異なる3つのエラスムスプラスプログラム申請可能国の最低3つの大学がコンソーシアムを構成し、高度に統合された国際共同修士課程プログラムを構築、実施するという「国際共同修士課程プログラム」で、大学、教員間の国際的な連携のもとで、学生の海外留学および受入れを通じて実施する内容となっており、補助期間は最大5年間、補助金基準額は年間3,800万円となっています。事業を継続的に実施していくため、プログラムの予算額は少なくとも毎年度10%逓減させる予定となっています。

◇関連リンク◇
令和元年度「大学の世界展開力強化事業~日-EU戦略的高等教育連携支援~」の選定事業の決定について(文部科学省)
令和元年度 大学の世界展開力強化事業~日-EU戦略的高等教育連携支援~審査結果(独立行政法人日本学術振興会)※PDFファイル

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn