毎日グローバルトピックス

学校(教育・研究機関)関連官公庁(国・地方公共団体)関連

文科省―「外国人留学生在籍状況調査」及び「日本人の海外留学者数」等を公表

公開日:2019.1.18

2019年1月18日、文部科学省は同省HP上で、独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)が毎年行っている海外から日本へ来る外国人留学生の在籍状況や日本人学生の海外留学状況等に関する最新の調査結果「外国人留学生在籍状況調査」、及び、文科省がOECD等における統計をもとに、日本人の海外留学者数を集計した最新の「日本人の海外留学生者数」等を併せ、公表しました。

JASSOでは毎年、国内の高等教育機関等における外国人留学生の5月1日時点の在籍状況等を調査しており、2018年5月1日現在の「外国人留学生在籍状況調査」によりますと、外国人留学生は298,980人(対前年比31,938人、12.0%増)であり、留学生数の多い国・地域は中国114,950人(対前年比7,690人増)、ベトナム72,354人(対前年比10,368人増)、ネパール24,331人(対前年比2,831人増)でした。

 日本人の海外留学者数については、JASSOが実施している「協定等に基づく日本人学生留学状況調査」によりますと、大学等が把握している日本人学生の海外留学状況は、2017年度で、105,301人(対前年度比8,448人増)となり、留学生数の多い国・地域は、アメリカ合衆国19,527人(対前年度比687人減)、オーストラリア9,879人(対前年度比394人増)、カナダ9,440人(対前年度比532人増)でした。

一方、文科省がOECD、ユネスコ、米国国際教育研究所(IIE)等の2016年統計による日本人の海外留学者数を集計した結果、55,969人(対前年比1,293人増)であり、留学者数の多い国・地域は、アメリカ合衆国18,780人、中国13,595人、台湾7,548人でした。   尚、OECD加盟国については、OECDが公表している「図表でみる教育(Education at a Glance)」、その他の国・地域については、ユネスコ統計局による統計やInstitute of International Education (IIE)「Open Doors」等、各国等が発表している数値をもとにしており、調査時点や調査対象は、国・地域によって異なるとのことです。また、受入れ国の特定の日または特定の期間の在学者情報から収集したものであり、留学期間が1年に満たない学生や在学を必要としない交換留学プログラムに参加する学生も多いことから、実際の留学生数は報告される人数よりも多い可能性があるとのことです。

◇関連リンク◇
「外国人留学生在籍状況調査」及び「日本人の海外留学者数」等について (文部科学省)※PDFファイル
平成 30 年度外国人留学生在籍状況調査結果(独立行政法人日本学生支援機構(JASSO))※PDFファイル

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

個人向けビジネス留学はこちら

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn