毎日グローバルトピックス

官公庁(国・地方公共団体)関連

文科省―「2019年度・文部科学関係予算(案)のポイント」を公表

公開日:2018.12.25

2018年12月21日、文部科学省は同省HP上で、「2019年度・文部科学関係予算(案)のポイント」を公表しました。「人生100年時代」や「Society 5.0」の到来を見据えながら、日本を誰にでもチャンスがあふれる国へと変えていくため、教育再生、科学技術イノベーション、スポーツ・文化の振興により、「人づくり革命」を断行し、「生産性革命」を実現することを大きなポイントとして掲げ、文部科学関係予算案として5兆5,287億円(前年度比2,349億円増)を計上しています。

予算額(案)のうち、文教関係予算が4兆2,348億円(前年度比2,093億円増)、スポーツ関係予算が350億円(同10億円増)、文化芸術関係予算が1,167億円(同85億円増)、科学技術予算が9,861億円(同235億円増)。文教関係予算については、「教育政策推進のための基盤の整備」、「夢と志を持ち、可能性に挑戦するために必要となる力の育成」、「社会の持続的な発展をけん引するための多様な力の育成」、以上の3項目を主な施策として掲げています。このうち、「夢と志を持ち、可能性に挑戦するために必要となる力の育成」の一環として、「小・中・高等学校を通じた英語教育強化事業」に対しては627百万円(前年度737百万円)を計上し、民間機関や外部人材の活用による英語教育強化、教師の指導力向上や条件整備による英語教育強化、新進的な取組支援・成果普及による英語教育強化を図ることによって、グローバル化に対応した外国語教育の更なる強化を図るとしています。

また、「社会の持続的な発展をけん引するための多様な力の育成」の一環として、「グローバル人材育成のための大学の国際化と学生の双方向交流の推進」を図るため、「大学教育のグローバル展開力の強化」策に4,705百万円(前年度5,470百万円)を計上し、「スーパーグローバル大学創成支援事業」等で大学体制の国際化を図るとともに、「大学等の留学生交流の充実」の施策には34,375百万円(前年度34,473百万円)を計上、意欲と能力のある若者全員に留学機会を付与し、日本人留学生の倍増(6万人→12万人)を目指すため、「トビタテ!留学JAPAN」の活動を推進するとともに、学位取得目的の長期留学支援の拡充等によって留学経費を支援する一方で、「留学生30万人計画」の実現に向け、海外での日本留学の魅力発信を強化する等、「優秀な外国人留学生の戦略的な受入れ」策として、日本留学サポート体制の構築を推進するとしています。

◇関連リンク◇
2019年度予算(案)のポイント(文部科学省)※PDFファイル

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

個人向けビジネス留学はこちら

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn