毎日グローバルトピックス

学校(教育・研究機関)関連

JAOS―「海外留学協議会による日本人留学生数調査2018」の結果をプレス発表

公開日:2018.12.06

2018年12月5日、一般社団法人海外留学協議会(JAOS)は、2018 年 8月に留学事業者 38 社を対象にした日本人の留学生数調査『海外留学協議会(JAOS)による日本人留学生数調査2018』の結果をプレス発表しました。その結果、2017年の年間留学生数は78,109人であること、フィリピン留学が増加の反面、アメリカ留学が減少していることなどが明らかになりました。

我が国の留学生数の調査は、日本学生支援機構(JASSO)やOECD等の統計に基づいた文部科学省の「日本人の海外留学者数」などがありますが、海外の大学や大学院などの高等教育機関に留学した日本人の人数や、日本国内の大学経由などで留学をした学生の人数しか計測されていないという側面があります。このため、JAOSでは日本人の留学生数をより明らかなものとし、留学業界全体を正しく発展させていくことを目的に、日本人留学生数調査を毎年実施し、社会人や小中高校生などを含む留学生数統計データーを提供しています。今回の調査期間は2017年1月1日から2017年12月31日までとなっています。

留学渡航国別にみますと、「アメリカ」が22.9%で最も多く、「オーストラリア」21.9%、「カナダ」16.1%、「フィリピン」8.6%、「イギリス」8.5%、「ニュージーランド」7.3%などとなっています。前回調査と比べて、フィリピンへの留学生数は前回の6,238人から今回は6,755人と517人増加し、イギリスの6,648人を抜いて4番目に留学生が多い国になりました。フィリピンへの留学生数は2016年の調査時点で3,918人だったことから、この2年間で2,837人も増加しています。JAOSは「日本の中でのフィリピン留学の認知度が高まり、社会人だけでなく大学生や高校生もフィリピンを留学先に選ぶようになったことや、企業、大学、高校が研修先にフィリピンの学校を利用するようになったことが理由だと考えられる」と分析しています。

一方、アメリカとオーストラリアへの留学生の人数は減少しました。特にアメリカは、前回の1万9,024人から今回は1万7,894人と1,130人減少。留学目的別にみますと、語学留学目的でアメリカに行った人数が881人減と減少数が最も大きく、ついで「中学・高校留学交換&私費」が240人減少。但し、アメリカへの学士取得留学の人数は前回の680人から今回は741人と61人増えており、このことから、語学留学は減少したが、アメリカの大学に学位取得を目指す層は増加していることが分かりました。

別途、留学目的別の数字を見ますと、海外の中学高校への留学は昨年の15,200人から今回の15,870人と670人も増加しており、日本人の留学目的で一番人気の語学留学が減少する中、大きく人数を増やしました。これは、日本国内のグローバル化が進み、自分の子供に、グローバル人材になれるような教育を受けさせたいと感じる親世代が増加したことによるトレンドだと考えられると述べています。

◇関連リンク◇
フィリピン留学が増加する中アメリカ留学が大きく減少  ~『一般社団法人海外留学協議会(JAOS)による日本人留学生数調査2018』調査レポート~(Value Press)

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

個人向けビジネス留学はこちら

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn