毎日グローバルトピックス

学校(教育・研究機関)関連

IIBC―「2017年 TOEIC Listening & Reading Test」世界の受験者スコアとアンケート結果を発表

公開日:2018.7.30

2018年7月23日、日本でTOEIC Programを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)は専用サイトで、TOEIC Program を開発しているEducational Testing Service(ETS)がまとめた2017年(1月~12月)の世界におけるTOEIC Listening & Reading Test(TOEIC L&R)受験者スコアと受験者が回答したアンケート結果を発表しました。同データは、2017年に世界においてTOEIC L&R受験者が回答したアンケート結果をまとめたもので、受験者の学歴や職歴、英語の学習と使用、TOEIC L&R受験経験についての情報を収集する自己記入式調査となっています。

受験者の特徴として、「日常生活で英語を使用する割合」については全体の44%が「1~10%の割合」と回答しており、このように回答した受験者が多かったのは、マカオと日本(46%)、レユニオンと中国(44%)、韓国(43%)などでした。「11~20%の割合」と回答したのは、ペルーとエルサルバドル(35%)、香港(31%)、イタリア・ロシア・インドネシア・アルゼンチン・マカオ・モロッコ(30%)。「51~100%の割合」で日常的に英語を使用すると回答したのは、カナダ(57%)、インド(46%)、エルサルバドル(43%)でした。

「英語学習の際に最も重要視する言語能力」については、全体の21%が英語の「4技能(リスニング、リーディング、スピーキング、ライティング)すべて」と回答したのに対し、これを若干上回る23%の受験者は「リスニングとスピーキング」を重視すると回答しています。「英語圏滞在経験」については、「6カ月以上の滞在経験がある」と回答したのは11%ですが、65%は「英語圏に滞在したことがない」と回答しています。地域別平均スコアについては高い順に、ヨーロッパ、アフリカ、北米(含メキシコ)、南米、アジアの順となっており、国別平均スコアのトップはカナダの845点で、日本は517点でした。

年間総受験者数が500名以上の国のみを掲載した上位10カ国の平均スコアは次の通り。

①カナダ845 ②ドイツ800 ③ベルギー772 ④レバノン769 ⑤イタリア754 ⑥チェコ共和国743 ⑦フィリピン727 ⑧フランス722 ⑨モロッコ720 ⑩ヨルダン717

アジアでは、727点のフィリピンに次いで、韓国676、マレーシア642、中国600、香港527、日本517などの順となっています。

尚、今回のアンケート回答者は、アジア地域の割合が高く、質問によって回答率が一定ではないことに留意するよう述べています。

◇関連リンク◇
2017年 TOEIC® Listening & Reading Test 世界の受験者スコアとアンケート結果を発表いたします(国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC))
2017 Report on Test Takers Worldwide: TOEIC Listening & Reading Test(国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC))※PDFファイル

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

個人向けビジネス留学はこちら

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn