毎日グローバルトピックス

学校(教育・研究機関)関連

THE―「アジア・太平洋地域の大学ランキング2018」を発表

公開日:2018.7.03

2018年6月27日(現地時間)、英タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(Times Higher Education、THE)は、今回で2回目となる「アジア・太平洋地域の大学ランキング2018(THE Asia-Pacific University Rankings 2018)」を発表しました。総合1位には昨年に続いてシンガポール国立大学が選ばれ、日本からは東京大学が昨年9位から12位にランクダウンしました。

今回のランキングは、「THE世界大学ランキング(THE World University rank 2018)」と同じ「教育の質・学習環境」「学生と教員の国際性」「産学連携による収入」「研究の質」「論文被引用数」の5分野11指標が評価基準となっており、東アジア、東南アジア、オセアニア地域、あわせて38か国の250超大学を格付けしたものです。評価基準はTHE世界大学ランキングと同じですが、基準ごとの採点比重はアジア太平洋地域用に調整されています。

総合1位のシンガポール国立大学は、学生の約半数以上がシンガポール国外からの留学生で構成されており、国外の大学との連携も豊かである点が高く評価されたものです。同大学は2018年2月に発表された「THEアジア大学ランキング(The best universities in Asia 2018)」でも1位を獲得しています。2位は昨年4位の清華大学、3位は昨年2位の北京大学、昨年3位のメルボルン大学は4位となりました。総合トップ10にはこのほか、香港大学が5位、香港科技大学と南洋理工大学が各6位、オーストラリア国立大学が8位、クイーンズランド大学が9位、香港中文大学が10位にそれぞれランクインしました。日本からは12位の東京大学のほか、17位に京都大学、39位に大阪大学、44位に東北大学、46位に名古屋大学がそれぞれトップ50入りしました。

今回250位にランクインした大学が最も多かった国は日本で89大学、中国が63大学、オーストラリアが35大学、台湾が31大学、韓国が27大学、タイが10大学となっています。

◇関連リンク◇
Best universities in the Asia-Pacific region 2018(Times Higher Education)

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

個人向けビジネス留学はこちら

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn