毎日グローバルトピックス

学校(教育・研究機関)関連

IIBC―「TOEIC(R) Program DATA & ANALYSIS 2018」を発表

公開日:2018.6.28

2018年6月28日、日本でTOEIC(R) Programを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)(所在地:東京都千代田区)は、2017年度のTOEIC Programの公開テスト、団体特別受験制度(IP: Institutional Program)のデータを「TOEIC(R) Program DATA & ANALYSIS 2018」としてまとめ、公表しました。

同協会は毎年、前年度のTOEIC Programの受験者数と平均スコアをまとめて公表しており、同データには、TOEIC(R) Listening & Reading Test(以下、TOEIC(R) L&R)とTOEIC(R) Speaking & Writing Tests(以下、TOEIC(R) S&W)の2017年度実受験者数と平均スコア等がまとめられています。

2017年度TOEIC(R) L&R全体の平均スコアは、公開テスト582点、IPテスト467点でした。申込みに基づく年度合計受験者数は、公開テストが1,192,000人、IPテストが1,289,000人で、所属学校・学年別の受験者数および平均スコアは、中学校が511人・502点、高校が31,306人・412点、高専が16,153人・354点、専門学校が19,445人・467点、短大が8,056人・411点、大学が440,533人・449点、大学院が9,408人・524点でした。

2017年度TOEIC(R) S&W全体の平均スコアは、公開テストではTOEIC Speaking Testが124.5点、TOEIC Writing Testが141.2点。IPテストではTOEIC Speaking Test が103.4点、TOEIC Writing Testが124.5点でした。問題数は、Speaking Testは計11問、Writing Testは計8問。申込みに基づく年度合計受験者数は、公開テストは14,200人、IPテストは23,800人でした。

TOEIC(R) L&RとTOEIC (R)S&Wはいずれも、公開テストと団体特別受験制度(IPテスト:Institutional Program)があり、公開テストは主に個人で申込み、IIBCが指定する会場で受験するのに対して、IPテストは実施団体の都合にあわせた日程および会場で、実施団体の進行・管理に基づいて試験が実施されています。IPテストの申込みは、企業や学校などの実施団体ごとに行われています。

◇関連リンク◇
TOEIC® Program DATA & ANALYSIS 2018 まとまる(国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC))

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

個人向けビジネス留学はこちら

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn