毎日グローバルトピックス

学校(教育・研究機関)関連

QS―魅了的な留学都市「QS Best Student Cities Ranking2018」を発表

公開日:2018.5.25

2018年5月9日、教育・進学サイト「リセマム」HPの最新情報によりますと、世界大学評価機関の英国クアクアレリ・シモンズ(Quacquarelli Symonds、以下QS)は、5月8日(現地時間)、今回で5回目となる世界の魅了的な留学都市「QS Best Student Cities Ranking2018」を発表しました。「ロンドン」が昨年の3位から1位に、「東京」が昨年の7位から2位に、「メルボルン」が昨年の5位から3位に、それぞれランランクアップしました。

「QS Best Student Cities Ranking2018」は、Rankings(大学ランキング)、Student Mix(学生の多様性)、Desirability(生活環境)、Employer Activity(就労機会)、Affordability(留学費用水準)、Student View(学生アンケート評価)の6つの指標をもとにランキングされており、それぞれの指標は、「QS世界大学ランキング」の加重データなど、公開されている様々なソースのデータを用いて評価されています。

今回のランキングでは、1位「ロンドン」、2位「東京」、3位「メルボルン」、4位「モントリオール」、5位「パリ」、6位「ミュンヘン」、7位「ベルリン」、8位「チューリッヒ」、9位「シドニー」、10位「ソウル」がそれぞれトップ10入りしましたが、米国の都市は今回トップ10に入りすることができず、13位に「ボストン」となりました。米国の都市が留学費用と学生の多様性の面で魅力が低下していることを示している模様です。

学生にとっては就労環境が魅力的となりますが、東京は全ての都市の中で最高のスコアを獲得しました。最高水準の生活環境では、世界第2位のスコアを獲得し、特に安全・安心面等の住環境が高い評価を受け、多くの学生が東京での留学生活を希望しています。更に、留学費用がより手頃になり、昨年度と比較して大きく改善しています。また、数多くの国際的レベルの大学が存在していることなどが理由で、東京が世界有数の魅力的な都市とされた雇用です。日本からは東京の他にも関西圏(京都・大阪・神戸、19位)と名古屋(92位)がランクインしました。アジアではソウルが4位から10位に落ちた一方で、北京が30位から26位に順位を上げました。

◇関連リンク◇
魅力的な留学先ランキング、東京が世界2位(リセマム)
QS Best Student Cities Ranking2018(Quacquarelli Symonds)

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

個人向けビジネス留学はこちら

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn