毎日グローバルトピックス

学校(教育・研究機関)関連

東大―入学者選抜に英語4技能の民間資格・検定試験の活用を検討する方針を表明

公開日:2018.4.27

2018年4月27日、東京大学は同大学Webサイト上で、入試担当の福田裕穂副学長名で「東京大学の入学者選抜に関する考え方について」と題した文書を掲載し、大学入学共通テストで導入される民間の英語認定試験について、3月の記者会見においては合否判定に使わない方針を表明していましたが、今後、具体的な活用方針について検討する旨、方針を転換する考えを表明しました。

東京大学では、社会のグローバル化が進展する中で、高校から大学を通じて学生の英語力の4技能を鍛えることが重要であり、その意味で大学入学者選抜に英語認定試験を取り入れ、4技能を評価することは意義があるものと考える一方で、入学者選抜における公平公正の担保について、社会からの要請は非常に高くなっており、英語認定試験を入学者選抜に利用するに当たっては、公平公正の観点から十分な検証が必要と考えているとしています。

2017年11月に国立大学協会から「平成32年度以降の国立大学の入学者選抜制度-国立大学協会の基本方針―」が公表され、この中で「平成36年度以降に向けて、認定試験の実施・定着状況とともに入学者選抜機能としての実効性などを十分に検証しつつ、大学入学者選抜における英語4技能評価の在り方について、引き続き検討する」ことが示されています。更に、2018年3月末には、「大学入学共通テストの枠組みにおける英語認定試験及び記述式問題の活用に関するガイドライン」が公表されました。

東京大学はこの基本方針及びガイドラインに沿って、英語認定試験の入学者選抜機能を検証するとともに、入学後の教育的効果まで含めた検討を行うなど、入学者選抜での英語4技能評価が実効あるものとなるよう努めていくとしています。今後、学内にワーキング・グループを設置し、英語認定試験については国立大学協会のガイドラインに従い、認定試験結果の平成32年度以降の大学入学共通テストにおける具体的な活用方策について検討することとしています。

◇関連リンク◇
東京大学の入学者選抜に関する考え方について(東京大学)

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

個人向けビジネス留学はこちら

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn