毎日グローバルトピックス

学校(教育・研究機関)関連

日米教育委員会―「2019年度フルブライト奨学生募集」の登録受付け中

公開日:2018.4.27

2018年4月24日、教育・進学サイト「リセマム」HPの最新情報によりますと、日米教育委員会(フルブライト・ジャパン)は、2018年4月1日から5月31日までの期間、日本人を対象としたアメリカ留学・奨学金プログラムである「2019年度フルブライト奨学生募集」のオンライン登録を受付けています。

フルブライト・プログラムは、奨学生に対してそれぞれの専門分野の研究を進めるための財政的援助を行うとともに、何らかの形で日米の相互理解に貢献できるリーダーを養成することを目的としています。従ってフルブライト奨学生は各自の研究活動を行うだけでなく、それぞれの留学先や地域社会・文化等の様々な活動に積極的に参加することで両国に対するより一層の知見を広める事が期待されています。また、帰国後も同窓生として専門性の高い職業あるいは私的な活動を通して、直接的・間接的に日米関係の向上に貢献することが期待されます。

日本におけるフルブライト奨学金は1952年から開始され、奨学金事業を通じて毎年、日本人およびアメリカ人がそれぞれ約40~50名ずつ渡米・来日しており、1952年以降の総参加人数は9,300人以上(日本人約6,500人、米国人約 2,800人)に上っています。

「2019年度日本人対象フルブライト奨学金プログラム」は、「大学院留学プログラム」「大学院博士論文研究プログラム」「研究員プログラム」「ジャーナリストプログラム」の4種類で、給付内容は、奨学金プログラム、留学先等によって異なりますが、大学院留学および大学院博士論文研究プログラムの場合は、往復渡航旅費、往復荷物手当、滞在費、住居手当、家族手当、図書費、着後雑費、授業料(上限あり)、研究員およびジャーナリストプログラムの場合は、往復渡航旅費、往復荷物手当、滞在費、住居手当、家族手当、研究費、着後雑費となっています。

◇関連リンク◇
アメリカ留学を支援、2019年度フルブライト奨学金5/31締切(リセマム)
2019年度フルブライト奨学生募集(日米教育委員会(フルブライト・ジャパン))※PDFファイル

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

個人向けビジネス留学はこちら

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn