毎日グローバルトピックス

学校(教育・研究機関)関連官公庁(国・地方公共団体)関連

大学入試センター―「大学入試英語成績提供システム」の参加要件確認結果について公表

公開日:2018.3.27

2018年3月26日、独立行政法人大学入試センターはウェブサイト上で「大学入試英語成績提供システム」の参加要件確認結果について公表しました。2020年に始まる大学入試共通テストで受験可能な7種類の英語の民間試験を認定したものです。

「大学入学共通テスト実施方針」では、高等学校学習指導要領における英語教育の抜本的改革を踏まえ、大学入学者選抜においても、「聞く」「読む」「話す」「書く」の4技能を適切に評価するため、共通テストの枠組みにおいて、現に民間事業者等により広く実施され、一定の評価が定着している資格・検定試験を活用するとしており、大学入試センター試験に代わる新たなテストとして、平成32年度から「大学入学共通テスト」を実施する運びとなっています。

2017年11月24日から12月20日まで参加申込の受付が行われた結果、7つの実施主体から合計24の資格・検定試験について申込があり、「ケンブリッジ英語検定」「実用英語技能検定」「GTEC」「IELTS」「TEAP」「TOEFL」「TOEIC」の7実施主体・23種の資格・検定試験が選定されました。「聞く」「読む」「話す」「書く」の4技能を測る狙いですが、試験ごとに目的や実施方法、検定料が異なるため、公平性の面で課題が残されたままです。この共通テストの民間試験には慎重な大学も多く、東京大学では現時点で活用しない方針を表明しており、国立大学協会は配点割合を「英語全体の一割弱」に抑える案を示しています。

一方、今回の民間試験の認定に合わせ、3月26日、文部科学省は各試験の結果が、欧州評議会の定めた6段階の国際規格「CEFR」(セファール)のどのランクに該当するかを示す換算基準を公表しました。

◇関連リンク◇
「大学入試英語成績提供システム」の参加要件確認結果について(独立行政法人大学入試センター)
大学入試英語成績提供システム参加要件を満たしていることが確認された資格・検定試験(アルファベット・50音順)(独立行政法人大学入試センター)
各資格・検定試験とCEFRとの対照表(文部科学省)※PDFファイル

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

個人向けビジネス留学はこちら

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn