毎日グローバルトピックス

官公庁(国・地方公共団体)関連

大学入試センター―平成30年2月実施の大学入学共通テスト導入に向けた試行調査(プレテスト)(外国語科「英語」)の概要を公表

公開日:2018.1.30

2018年1月29日、独立行政法人・大学入試センターはHP上で、2018年2月に実施する大学入学共通テストに関わる試行調査(プレテスト)の概要を公表しました。2017年11月実施に続き、全国158校で外国語科(英語)について実施するというものです。

今回の大学入学共通テスト導入に向けた試行調査は、2020年度(平成32年度)から現行の大学入試センター試験に代わり実施される同テストについて、問題作成などに関わる検証を行うために実施されるもので、2017年11月の国語科、地理歴史科、公民科、数学科および理科の実施に引き続き、2018年2月13日から3月3日にかけて、外国語科(英語)の試行調査が実施されます。調査の対象は、1月29日時点で全国158校の高校および中等教育学校を予定しており、中等教育学校生徒を含む高校2年生6,720人を対象に、英語の筆記(リーディング)を80分、リスニングを30分実施する予定となっています。

現在、わが国の英語教育については、英語を使って何ができるようになるかを重視し、小・中・高等学校を通じて「聞くこと」「読むこと」「話すこと」「書くこと」を総合的に育成することを目指した取組が進められており、高等学校においては、特に「話すこと」「書くこと」などの言語活動が十分に行われていないこと、生徒が習得した知識や経験を生かしてコミュニケーションを行う場面等に応じて適切に表現することなどに課題があることを踏まえ、言語活動の改善・充実などを目指しています。

こうした英語教育改革の方向性を踏まえ、昨年7月に文部科学省が公表した「大学入学共通テスト実施方針」では、大学入学者選抜においても、「聞くこと」「読むこと」「話すこと」「書くこと」をバランスよく評価するため、大学入学共通テストの枠組みにおいて、現に民間事業者等により広く実施され、一定の評価が定着している資格・検定試験を活用することが示されました。このため、 大学入学共通テストについても、このテストのみの在り方ではなく、こうした改革の全体像の中でその意義や役割を捉えていくという狙いがあります。

◇関連リンク◇
平成30年2月に実施する大学入学共通テスト導入に向けた試行調査(プレテスト)(外国語科「英語」)の趣旨について
(独立行政法人大学入試センター)※PDFファイル

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

留学市場の概況一覧

  • 留学体験者様の声
  • 留学を支えた人事ご担当者様の声
  • 導入事例

海外研修に向けて

  • 現地派遣の重要性
  • 毎日グローバルトピックス
  • 導入から実施まで
side_inq2


リフレッシュ休暇留学のご案内



海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn