毎日グローバルトピックス

学校(教育・研究機関)関連

大学入試センター―「大学入試英語成績提供システム」への参加申込状況について公表

公開日:2017.12.28

2017年12月26日、独立行政法人・大学入試センターはwebサイト上で、センター試験の後継として2020年度から始まる「大学入学共通テスト」の英語で活用する民間検定試験について、11月24日から12月20日までに受け付けた「大学入試英語成績提供システム」への参加申込状況を公表しました。

同システムへの参加申込みのあった資格・検定試験は次の7団体・24試験です。

〇Cambridge Assessment English
ケンブリッジ英語検定・8試験、リンガスキルLinguaskill・1試験

〇Educational Testing Service
TOEFL iBTテスト・1試験

〇IDP:IELTS Australia
International English Language TestingSystem(IELTS)・1試験

〇一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会
TOEIC® Listening & Reading Test及びTOEIC® Speaking & Writing Tests・1試験

〇株式会社ベネッセコーポレーション
GTEC ・4試験

〇公益財団法人日本英語検定協会
Test of English for AcademicPurposes(TEAP)・1試験
Test of English for Academic PurposesComputer Based Test(TEAP CBT)・1試験
実用英語技能検定(英検)・5試験

〇ブリティッシュ・カウンシル
International English Language TestingSystem(IELTS)・1試験

今後、原則として全都道府県で受けられることや、高校学習指導要領との整合性など、同センターが示す参加要件を満たしているかを審査した上で、2018年3月末を目途に認定結果を公表する運びとなっています。

大学入学共通テストでは、英語の「読む・聞く・話す・書く」の4技能を評価するために民間試験を活用する方針で、受験生は4月から12月までの間、2回まで認定された試験を受けることができます。2023年度までは共通テストのマーク式も併存し、2024年度から民間検定試験に全面移行する予定となっています。

◇関連リンク◇
大学入試英語成績提供システム基本情報 (独立行政法人・大学入試センター)
大学入試英語成績提供システムへの参加の申込のあった資格・検定試験一覧 (独立行政法人・大学入試センター)※PDFファイル

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

個人向けビジネス留学はこちら

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn