毎日グローバルトピックス

学校(教育・研究機関)関連

英・世界大学評価機関QS―「QS学生都市ランキング2017」を発表、東京は7位へダウン

公開日:2017.2.17

2017年2月16日、教育・進学情報サイト「リセマム」HP上の最新情報によりますと、英・世界大学評価機関のクアクアレリ・シモンズ(Quacquarelli Symonds、QS)は2月15日(現地時間)、「QS学生都市ランキング2017」(QS Best Student Cities 2017)を発表しました。4年連続で1位だったパリは、昨年7位だったモントリオールに首位の座を明け渡し、日本からは、東京が7位、京都・大阪・神戸が17位にランクインされました。

「QS世界学生都市ランキング」は、都市人口が25万人以上で都市内に2つ以上の大学がある世界125都市を対象に、「QS世界大学ランキング」の結果、留学生数や比率を測る「学生の多様性」、都市の安全性など暮らしやすさを測る「都市評価」、卒業生の就職環境を測定する「雇用者の活動」、授業料や生活費など学生の生活費に関わる「留学費用」のほか、2017年からは新たに「学生評価と視点」を加えた合計6つの指標に基づき、都市を調査・評価し、上位100位をランキング形式で発表したものです。
2017年のランキングでは、1位にモントリオールが選ばれ、2016年まで4年連続で首位に立っていたパリが2位にランクダウンし、3位にはロンドンが選ばれました。以下、4位ソウル、5位メルボルン、6位ベルリン、7位東京、8位ボストン、9位ミュンヘン、10位バンクーバーの順となっています。

日本国内では、東京が2016年ランキング3位から7位にランクダウンしました。学生の生活費が関わる「留学費用」得点が伸び悩むものの、卒業生の就職環境を評価する「雇用者の活動」指標では、2016年同様、学生都市ランキング全体でトップに立ちました。

◇関連リンク◇
QS学生都市ランキング2017…モントリオール首位、東京7位へダウン(リセマム)
QS Best Student Cities 2017(Quacquarelli Symonds)

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

留学市場の概況一覧

  • 留学体験者様の声
  • 留学を支えた人事ご担当者様の声
  • 導入事例

海外研修に向けて

  • 現地派遣の重要性
  • 毎日グローバルトピックス
  • 導入から実施まで
side_inq2


リフレッシュ休暇留学のご案内



海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn