毎日グローバルトピックス

学校(教育・研究機関)関連

英・世界大学評価機関QS―「世界大学就職ランキング2017」を発表

公開日:2016.11.25

2016年11月24日、教育・進学情報サイト「リセマム」HP上の最新情報によりますと、世界大学評価機関の英国クアクアレリ・シモンズ(Quacquarelli Symonds、QS)は11月24日(現地時間)、2016年の世界大学就職ランキング「QS Graduate Employability Rankings 2017」を発表しました。総合1位にはスタンフォード大学、2位にはマサチューセッツ工科大学(MIT)、3位には中国の清華大学がそれぞれランクインしました。日本のトップは総合26位の早稲田大学、2位は総合29位の東京大学でした。
「QS Graduate Employability Rankings 2017」は、雇用者による評価、卒業生の活躍、主要企業との共同研究実績(産学連携による収入)、企業などの学内採用活動、卒業生の就職率などを評価する5つの項目に沿って、世界300大学をランク付けしたものです。総合1位のスタンフォード大学は総合点95.90点、雇用者による評価と共同研究実績では満点の100.0点、卒業生の就職率は75.5点でした。2位のマサチューセッツ工科大学(MIT)は総合点95.80点、3位の清華大学は総合点95.20と、いずれも僅差でした。国内トップの早稲田大学は2015年に続いて2度目の1位で、企業との連携した取組みが90.2点、企業との取組みが77.2点と評価され、2位の東京大学は卒業生の活躍と雇用者による評価が高く評価されました。国内3位は総合48位の東京工業大学となりました。
○総合トップ10は次の通り。
1位 スタンフォード大学         2位 マサチューセッツ工科大学(MIT)
3位 清華大学              4位 シドニー大学
5位 ケンブリッジ大学          6位 エコール・ポリテクニーク
7位 コロンビア大学           8位 オックスフォード大学
9位 カリフォルニア大学バークレー校   10位 プリンストン大学」

今回の対象大学は2016年9月6日に発表された「QS World University Rankings 2016-2017」と同じですが、この時の世界大学ランキングでは、世界の研究者を対象とする質問紙調査やScopusのデータを利用した所属研究者の過去5年分の論文の引用分析の結果等に基づいて算出され、第1位には5年連続でマサチューセッツ工科大学(MIT)、2位はスタンフォード大学、3位はハーバード大学がランクインし、米国勢が上位を占めました。日本からは34位に東京大学、37位に京都大学、56位に東京工業大学、63位に大阪大学、75位に東北大学の5大学が100位以内にランクインしました。

◇関連リンク◇
QS Graduate Employability Rankings 2017(Quacquarelli Symonds、QS)
QS World University Rankings 2016/17 – Out Now!(Quacquarelli Symonds、QS)

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

留学市場の概況一覧

  • 留学体験者様の声
  • 留学を支えた人事ご担当者様の声
  • 導入事例

海外研修に向けて

  • 現地派遣の重要性
  • 毎日グローバルトピックス
  • 導入から実施まで
side_inq2


リフレッシュ休暇留学のご案内



海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn