毎日グローバルトピックス

学校(教育・研究機関)関連

THE―「世界で最も就職に有利な大学」を発表、東大がトップ10入り

公開日:2016.11.21

2016年11月17日、教育・進学情報サイト「リセマム」HP上の最新情報によりますと、英タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(Times Higher Education、THE)は11月16日(現地時間)、「世界で最も就職に強い大学ランキング」を発表しました。アジアの首位は東京大学で、上位150大学中、10位にランクインしました。
今回の「世界でもっとも就職に強い大学ランキング」は、THEがインターネットを利用してオーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、ロシア、アメリカ、イギリスなど20か国の採用担当者や国際的な企業の重役を対象に、就活生を採用するうえで重視する点について質問したもので、調査期間は4月から7月までの4か月間。アンケート結果から各大学を評価し、上位150大学をランキング化しています。ランキング1位はカリフォルニア工科大学(Caltech)で、獲得点数は927点、2位はマサチューセッツ工科大学(MIT)、3位はハーバード大学がランクインしました。欧米以外でトップ10に入ったのは日本のみで、国内からは東京大学が677点で10位に入り、アジアで首位にランクインしました。国内の2位は東京工業大学(総合20位)、3位は京都大学(総合65位)、4位は大阪大学(総合118位)、5位は慶應義塾大学(129位)となりました。THEが9月に発表した2016年の「世界大学ランキング(The Times Higher Education World University Rankings2016-2017)」では、日本の大学は軒並み上位に入れませんでしたが、その一方で、採用市場からは高い注目を集めているとTHE側では分析しています。総合トップ10は次の通り。

1位 カリフォルニア工科大学(Caltech) アメリカ
2位 マサチューセッツ工科大学(MIT) アメリカ
3位 ハーバード大学 アメリカ
4位 ケンブリッジ大学 イギリス
5位 スタンフォード大学 アメリカ
6位 エール大学 アメリカ
7位 オックスフォード大学 イギリス
8位 ミュンヘン工科大学 ドイツ
9位 プリンストン大学 アメリカ
10位 東京大学 日本

◇関連リンク◇
THE世界でもっとも就職に強い大学ランキング2016、東大トップ10入り(リセマム)
The Global University Employability Ranking 2016(Times Higher Education)

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

留学市場の概況一覧

  • 留学体験者様の声
  • 留学を支えた人事ご担当者様の声
  • 導入事例

海外研修に向けて

  • 現地派遣の重要性
  • 毎日グローバルトピックス
  • 導入から実施まで
side_inq2


リフレッシュ休暇留学のご案内



海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn