毎日グローバルトピックス

官公庁(国・地方公共団体)関連

文科省―「スーパーグローバルハイスクール(平成26年度指定)」の中間評価を公表

公開日:2016.10.04

2016年9月30日、文部科学省は同省HP上で、平成26年度指定の「スーパーグローバルハイスクール」の中間評価を公表しました。スーパーグローバルハイスクール事業は、高等学校等において、グローバル・リーダー育成に資する教育を通して、生徒の社会課題に対する関心と深い教養、コミュニケーション能力、問題解決力等の国際的素養を身に付けることによって、将来、国際的に活躍できるグローバル・リーダーの育成を図ることを目的に、平成26年度から実施されており、国際化を進める国内の大学をはじめ、企業、国際機関等と連携して、グローバルな社会課題を発見・解決し、様々な国際舞台で活躍できる人材の育成に取り組む高等学校等をSGHに指定して、質の高いカリキュラムの開発・実践やその体制整備を進めています。指定期間は5年間で、対象校は国公私立高等学校及び中高一貫教育校となっています。

SGHの中間評価は、指定3年目の指定校について、SGH企画評価会議協力者による2年目までの研究開発の進捗状況等に関する評価を行うことによって、各指定校が研究開発等の内容を見直す機会とし、事業の効率的な実施を図ることを目的としています。今回の中間評価の結果は次の通りです。

○「優れた取組状況であり、研究開発のねらいの達成が見込まれ、更なる発展が期待される。」(4校)

渋谷教育学園渋谷高等学校          名城大学附属高等学校
島根県立出雲高等学校            広島女学院中学高等学校

○「これまでの努力を継続することによって、研究開発のねらいの達成が可能と判断される。」(16 校)

北海道登別明日中等教育学校        茨城県立土浦第一高等学校
埼玉県立浦和高等学校            筑波大学附属坂戸高等学校
品川女子学院                            お茶の水女子大学附属高等学校
筑波大学附属高等学校                    神奈川県立横浜国際高等学校
横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校
金沢大学人間社会学域学校教育学類附属高等学校
長野県長野高等学校                       立命館宇治中学校・高等学校
立命館高等学校                           大阪府立三国丘高等学校
神戸市立葺合高等学校                     愛媛県立松山東高等学校

○「これまでの努力を継続することによって、研究開発のねらいの達成がおおむね可能と判断されるものの、併せて取組改善の努力も求められる。」(19 校・学校名省略)

○「研究開発のねらいを達成するには、助言等を考慮し、一層努力することが必要と判断される。」(15 校・学校名省略)

○「このままでは研究開発のねらいを達成することは難しいと思われるので、助言等に留意し、当初計画の変更等の対応が必要と判断される。」(2校・学校名省略)

○「現在までの進捗状況等に鑑み、今後の努力を待っても研究開発のねらいの達成は困難であり、スーパーグローバルハイスクールの趣旨及び事業目的に反し、又は沿わないと思われるので、経費の大幅な減額又は指定の解除が適当と判断される。」(0校)

尚、平成28年度のSGH指定校には、宮城県気仙沼高校、埼玉県立浦和第一女子高校、東京藝術大学音楽学部附属音楽高校など11校(国立1校、公立8校、私立2校)が選ばれています。

◇関連リンク◇
スーパーグローバルハイスクール(平成26年度指定)の中間評価について(文部科学省)
中間評価の結果について(文部科学省)※PDFファイル

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

留学市場の概況一覧

  • 留学体験者様の声
  • 留学を支えた人事ご担当者様の声
  • 導入事例

海外研修に向けて

  • 現地派遣の重要性
  • 毎日グローバルトピックス
  • 導入から実施まで
side_inq2


リフレッシュ休暇留学のご案内



海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn