毎日グローバルトピックス

学校(教育・研究機関)関連

英検協会―実用英語技能検定・二次試験で音声録音の導入を発表

公開日:2016.2.18

2016年2月15日、公益財団法人・日本英語検定協会(英検協会)はHP上で、平成28年度第1回検定より、二次試験での音声録音を全会場で導入することとし、2016年2月21日に実施される平成27年度第3回実用英語技能検定において、一部の会場で試験的に導入する旨、発表しました。

昨今、大学や高校入試において、実用英語技能検定をはじめとする外部検定・資格試験の導入が急ピッチで推進、検討されており、英検協会では、こうした状況に適正かつ迅速に対応することが公益財団法人の果たすべき社会的責務と認識し、検討を重ね、準備を進めてきた結果と述べています。音声録音の導入によって、録音データを活用して面接の透明性を高め、更なる厳正・公平な試験実施を追求するとのことです。

対象となる受験者には受験票にて知らされるとのことで、録音導入によって面接および採点方法に変更はないとしています。平成28年度第1回検定の受付期間は3月18日~5月20日(書店締切は5月18日)。一次試験は6月10日~12日、二次試験は7月10日に実施される予定となっています。

別途、英検協会では、実用英語技能検定の全級の4技能化に向けた取り組みを推進しており、平成28年度第1回検定より、「2級」にライティング、「4級」と「5級」にスピーキングテストをそれぞれ導入する旨、2015年12月に発表しており、更に国際基準規格のCEFRと関連性を持たせたユニバーサルなスコア尺度「CSE2.0」でも、平成28年度第1回検定より成績表に反映させることにしています。

◇関連リンク◇
実用英語技能検定 二次試験の音声録音について(公益財団法人 日本英語検定協会)
実用英語技能検定 2016年度第1回からのリニューアルのお知らせ(公益財団法人 日本英語検定協会)※PDFファイル

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

留学市場の概況一覧

  • 留学体験者様の声
  • 留学を支えた人事ご担当者様の声
  • 導入事例

海外研修に向けて

  • 現地派遣の重要性
  • 毎日グローバルトピックス
  • 導入から実施まで
side_inq2


リフレッシュ休暇留学のご案内



海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn