毎日グローバルトピックス

官公庁(国・地方公共団体)関連

外務省―「年末年始に海外に渡航・滞在される方の安全対策のためのお知らせ ~テロ・感染症・麻薬犯罪等対策と『たびレジ』による緊急連絡先登録のお願い~ 」 を公表

公開日:2015.12.14

2015年12月11日、外務省は「海外安全ホームページ」上で、「年末年始に海外に渡航・滞在される方の安全対策のためのお知らせ ~テロ・感染症・麻薬犯罪等対策と『たびレジ』による緊急連絡先登録のお願い~ 」を公表しました。

同省では、11月13日夜(現地時間)にフランス・パリで発生した連続テロ事件に伴う注意喚起を「海外安全ホームページ」上で度々行っていますが、今回は特に年末年始に海外に渡航・滞在される方を対象に、安全対策の一環として、いざという時に在外公館等から緊急時情報提供を受けられる海外旅行登録システム「たびレジ」への登録を広く呼びかけており、旅行会社等にも協力を仰いでいます。

テロ対策として、先進国でも海外安全情報のチェックが必要であるとして、次のように述べています。「フランスのパリ及び同近郊で多数が死傷する同時多発テロ事件が発生し、イスラム過激派組織ISIL(イラク・レバントのイスラム国)が犯行声明を発出したことを受け、フランスでは緊急事態を宣言するなど警戒態勢が敷かれ、他の欧米各国もテロへの警戒を高めています。その後、米国カリフォルニア州における銃撃テロ事件が発生するなど、中東・北アフリカのみならず、先進国においてもイスラム過激派組織によるテロやこれらの主張に影響を受けた者による一匹狼(ローンウルフ)型等のテロが発生しています。日本人・日本権益が標的となり、テロを含む様々な事件の被害に遭うおそれがあります。」こうした状況を踏まえ、今後、「海外に渡航・滞在される方は旅行計画の段階から渡航・滞在国に発出されている海外安全情報をよく確認し、自らの安全確保に努めてください。特にクリスマス、年末年始には多数のイベント等が開催されますが、テロの標的となりやすい場所(デパートや市場等不特定多数が集まる場所、政府・軍・警察関係施設、欧米関連施設、公共交通機関、観光施設等)を訪れる際には、周囲の状況に注意を払い、不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等、安全確保に十分注意を払ってください。」そして「緊急時の連絡先として、海外に渡航される方は外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録を、3か月以上滞在される方は在留届の提出をお願いします。」

「たびレジ」とは、海外旅行や海外出張される方が、旅行日程・滞在先・連絡先などを登録すると、滞在先の最新の海外安全情報や緊急事態発生時の連絡メール、また、いざという時の緊急連絡などが受け取れるシステムです。メールの宛先として、自身のアドレス以外に家族や職場のアドレスも登録でき、登録された情報は上記の目的以外には利用されることはなく、帰国してから1ヶ月(希望された場合には1年)後には、すべての個人情報が消去される運びとなっています。

◇関連リンク◇
年末年始に海外に渡航・滞在される方の安全対策のためのお知らせ ~テロ・感染症・麻薬犯罪等対策と「たびレジ」による緊急連絡先登録のお願い~(外務省 海外安全ホームページ)
たびレジ(たびレジ)

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

留学市場の概況一覧

  • 留学体験者様の声
  • 留学を支えた人事ご担当者様の声
  • 導入事例

海外研修に向けて

  • 現地派遣の重要性
  • 毎日グローバルトピックス
  • 導入から実施まで
side_inq2


リフレッシュ休暇留学のご案内



海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn