毎日グローバルトピックス

MYEDUレポート

【2015年】 英国・最新視察レポート

公開日:2015.7.29

2015年度最初の海外視察は英語発祥の地、英国へ行ってまいりました!

今回は当社企業派遣留学にて最も実績の高い教育機関の1つである、Oxford Intensive School of English(OISE)のLondon校・Oxford校・Cambridge校・Bristol校の各センターを回ってまいりました。実際の授業へも一日を通して全て実際に参加し、クラスでの授業を直接体験しております。今回は各OISEセンターでも最大の規模と最新設備を誇るLondon校の様子をレポート致します。

学校はロンドンの中心部、Oxford circus から徒歩で約5分程度の場所にあり、アクセス良好です。改装済みの校舎はモダンな雰囲気で、受講者の大部分が社会人となるロンドン校に相応しい最新設備が整っており、モチベーションの高い参加者が集まります。OISEの特徴として、1クラスの受講者数が最大4名までとなっており、学習期間が限られた社会人でも短期集中で最大の学習成果を得られるよう学校スタッフや講師陣も常にサポートをしてくれます。

DSC03612DSC03588DSC03622

授業ではBBCニュースの最新トピックを取り上げてディスカッションの題材とするなど、ビジネスを中心とした内容で進んでいくため、ビジネス英語を学ぶという点でも効果的です。色々なバックグラウンドを持つ受講者たちが、それぞれのビジネス経験などを英語で共有することで、更なる学習意欲に繋がっていきます。リスニングトレーニングでは、ラジオニュースの経済状況に関するヘッドラインを聞き、ネイティブが日常的に話すスピードに慣れると共に、単語を含めて内容やKeyポイントを理解するなど、自然と総合的な英語力が磨かれていくカリキュラムになっています。

DSC03605DSC03610DSC03591

OISEではQuatorial Projectという毎週1回のチームプレゼンテーション授業を実施しており、受講者は講師よりテーマを与えられ、それぞれ振り分けられたチームごとにプレゼンテーションの準備をしてその他の受講者の前で発表を行います。プレゼンテーションはビデオに録画され、フィードバックを受けることが可能となっています。視察した授業では、前回のプレゼンテーションについて講師が細かいフィードバックを実施していました。プレゼン時の発音や話すスピードなどは勿論、音声無しで聞いてプレゼン中のジェスチャーや身体の向きなどについてもきめ細かなアドバイスをしていた点が印象に残りました。実際のビジネスシーンでも、立ち居振る舞いは重要なポイントとなってくるので、より効果的なコミュニケーション能力のトレーニングとしても有効です。

 

毎週金曜日の授業終了後には、講師も一緒になってPubへ繰り出すのが恒例となっています。英国の伝統的なPub文化を体感しつつ、Speakingの実践トレーニングにもなるので一石二鳥と言えます!世界中から多様な国籍の人々が集まる世界都市ロンドンでは様々な発音やイントネーションの英語に触れることが可能なので、グローバル社会での国際ビジネスにおいて求められる柔軟性や応用力を磨くためにも最適な環境と言えます。

DSC03628DSC03626Cardiff 33

今回の視察を通して、伝統と実績有る英国の語学教育における質の高さを改めて確認することができました。特にビジネス英語や法律・公共政策などの専門分野の英語においては、短期~中期で集中的に学習可能なプログラムを持つ良質の学校が数多くあります。伝統を大切にしつつも最新の技術や文化を取り入れ変化を続ける英国は、ギリシャ問題等で揺れるEU圏でも重要なポジションにあるため、今後も企業派遣留学の実施国として目が離せません!

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn