毎日グローバルトピックス

学校(教育・研究機関)関連官公庁(国・地方公共団体)関連

文科省初調査―日本の高3、英語力は中卒程度、「書く・話す」苦手

公開日:2015.3.18

2015年3月17日付の日経新聞をはじめ、報道各社のニュースサイトによりますと、文部科学省は同日、高校3年生を対象とした英語の「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能の学力を調べた初の英語力調査の結果(速報値)を公表しました。「読む、聞く」の平均的学力は英検3級(中学卒業程度)相当、「書く、話す」は更に低く、「書く」は過半数が正解率一割以下となりました。国の教育振興基本計画の目標(高卒時英検2~準2級程度)とは大きな差があり、アンケート調査では英語嫌いの生徒も多いことが分りました。

今回の調査は国公立高校の約一割の480校を抽出し、3年生約7万人を対象に実施されました。4技能をそれぞれ試験し、国際標準規格「CEFR」の基準で、学力が中学レベル(A1=英検3~5級程度)から海外大学留学に必要なレベル(B2=同準1級程度)のどの段階に相当するかを調べたものです。試験結果では、「読む」の平均点は129.4点(満点320点)で72.7%がA1評価、「聞く」は120.3点(同)でA1が75.9%、B2評価は0.2~0.3%となっています。「書く」でB2評価はわずか5人で、140点満点中15点以下が約55%に上り、0点も約三割がいました。「話す」は各校1クラス程度の抽出実施で、A1が87.2%を占めました。アンケート調査では、英語を嫌いな生徒が58.4%に達し、海外留学やビジネスに必要なレベルの習得を目指す割合は約14%にとどまりました。

◇関連リンク◇
日本の高3、英語力は中卒程度 「書く・話す」苦手 文科省が初調査(日本経済新聞)

 

関連トピックスの最新記事

毎日グローバルトピックス一覧へ戻る

留学市場の概況一覧

  • 留学体験者様の声
  • 留学を支えた人事ご担当者様の声
  • 導入事例

海外研修に向けて

  • 現地派遣の重要性
  • 毎日グローバルトピックス
  • 導入から実施まで
side_inq2


リフレッシュ休暇留学のご案内



海外研修 (法人・企業派遣留学)のご相談・お問い合わせ

専門の法人研修コンサルタントが対応させていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 03-6267-4188 月~金 9:30~18:00 hojin@myedu.co.jp 海外研修のご相談はお気軽に!
main_inq_btn